センターレス研削 特に円錐ころ向け
KRONOS K
  1. www.grinding.ch
  2. 当社の製品
  3. KRONOS K
基本技術データ

KRONOS Kは、円錐ころのスルーフィード センタレス研削に最適なソリューションです。  KRONOS M 400に基づき、調整車の代わりにワークピースの寸法に適合したスクリューコンベアが使用されます。

機械データ

  • 円錐ころ専用研削盤
  • 加工範囲Ø4.5 ... 35 mm、 砥石幅 400 mm
  • 熱的安定性にすぐれ、振動減衰能が高いGRANITAN®製マシンベッド
  • 調整車はワークピースの寸法に合わせたトランスポートウォームに置き換えられています。
  • 両側に取り付けられた搬送スクリューと研削スピンドルによる高いシステム剛性
  • モジュール式ドレッシングシステム
  • SIEMENS SINUMERIK 840D sl コントロール

技術スペクトル

  • スルーフィードによるショルダー研削

Features

Granitan®製マシンベッド

KRONOS Kの基礎は、優れた減衰特性を持つ実績のあるGranitan®製マシンベッドです。 高い熱安定性により、短時間の温度変化が補償され、高い許容誤差範囲が一日全体を通して保証されます。

3スライドシステム

KRONOS Kの3スライドシステムは、旋回スライド、中間スライド、上部スライドで構成されています。 旋回キャリッジは、中間スライドと上部スライドがコンパクトに配置されているガイドシステムの基礎を形成します。 これにより、機械の高いシステム剛性が保証されます。

モジュール式ドレッシングシステム

ポイントダイヤモンドおよび単結晶ダイヤモンドのような固定ドレスツールに加えて、ダイヤモンド成形ロールまたはダイヤモンドプロファイルロールのような回転ドレッシングツールも使用できます。

研削スピンドル

研削砥石の幅は最大300 mmで、内径はØ304.8 mmです。 研削スピンドルはローラーベアリングであり、一般研削砥石の使用のために設計されています。

調整車スピンドル

調整車スピンドルには、高精度のプリテンションスピンドルベアリングを採用しています。 調整車の代わりにワークピースの寸法に適合したスクリューコンベアが使用されます。 駆動はデジタルサーボモーターとギアボックスを介して作動します。

制御装置

KRONOS KはSIEMENSのSINUMERIK 840D slコントローラーを標準装備しています。 さらにプログラミングを容易にするために、センターレス研削用の特別なMIKROSAユーザーインターフェースが、わかりやすいシンボル画像技術を使って標準インターフェースに統合されています。

技術仕様
kg / cm
lb / インチ

直線軸

最大移動距離 X軸 150 mm
最大移動速度 X軸 5.000 mm/min
最大移動距離 Z軸 476 mm
最大移動速度 Z軸 5.000 mm/min

スピンドルドライブ

スピンドル最大出力 37 kW
最高速度 3.008 /min
最大砥石径 610 mm
最大研削砥石幅 300 mm

旋回軸

旋回範囲 A軸 +3°/-6° °
旋回範囲 B軸 +1°/-1° °
旋回範囲 C軸 ∞ °

ワークデータ

ワーク径 5 - 35 mm
最大加工径 1.100 mm

直線軸

最大移動距離 X軸 5,906 inch
最大移動速度 X軸 196,850 inch/min
最大移動距離 Z軸 18,740 inch
最大移動速度 Z軸 196,850 inch/min

スピンドルドライブ

スピンドル最大出力 49,618 hp
最高速度 3.008 rpm
最大砥石径 24,016 inch
最大研削砥石幅 15,748 inch

旋回軸

旋回範囲 A軸 +3°/-6° deg
旋回範囲 B軸 +1°/-1° deg
旋回範囲 C軸 ∞ deg

ワークデータ

ワーク径 0,197 - 1,378 inch
最大加工径 43,307 inch
ダウンロード
pdf, 1 MB
KRONOSシリーズ概要
Download
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language