「サプライチェーンは 父から 始まる」

当社の製品に込められた従業員の熱意

「サプライチェーンは父から始まる」

伝統と信頼性は、UNITED GRINDINGグループの重要な価値観です。 これは、世代を超えて勤務してきた従業員にもあてはまります。 ここではそのような従業員たちを紹介します。

父のアドバイス

アントニオ・メンティは、1980年からSTUDERで働いています。 イタリアでポリメカニックとしての見習い過程を修了した彼は、すぐにシュテフィスブルクへ赴き、研削業務に携わるようになりました。 数年後、息子が訓練生としての勤務先を探していたとき、父親はSTUDERを勧めました。 2004年以来、ドメニコもここに勤務しています。 「私の父からは、彼が仕事と会社に満足しているという印象をいつも受けていました」と息子は話しています。 電気技師として勤務するアントニオは試作品を含む制御盤の組み立てを行っています。 アプリケーションエンジニアであるドメニコは、機械の引き渡し業務のために現場にいることが多く、生産の円滑な立ち上げをサポートしています。 ただし、電気工学に関する情報が必要となった場合には、彼は父に直接相談しています。 ドメニコは言語の才能にも長けており、ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語が堪能です。 これは、特に海外の顧客を訪問する際に役立ちます。 彼はまたシュテフィスブルクのSTUDERで通訳として駆り出されることもよくあります。 このマンティス親子は2人とも家族をとても大切にしています。 アントニオは仕事の後で孫と遊ぶのが好きです。

7000キロメートルを超えて

彼が仕事を始めるとき、父親の勤務時間は終わりを迎えます。 リチャード・ナヴラティルは、アメリカのマイアミズバーグ、ダニエルはチェコ共和国のクジムに勤務しています。 鋳造部品グループを統括するダニエル・ナヴラティルはここで鋳造部品の購買を担当しています。7000キロメートル離れた場所で、彼の息子はセールスエンジニアとして米国市場での機械の販売チームを支援しています。 8年前、情熱的な野球選手であった彼はプロのスポーツ選手になるためにアメリカへ移住しました。 そこで彼は大学チームでプレーし、ジョージア州のコロンバス州立大学で経営学修士号を取得しました。 父であるダニエルは、UNITED GRINDING North Americaが従業員を募集していることを息子に伝えました。そして2017年以来、父と息子は同じ企業グループの中で一緒に働いています。 「サプライチェーンは父から始まり、私で終わるわけです」とリチャードは説明します。 「私たちが完成した機械を売ることができるように、父は基本的な部品の購買を手配してくれています。」 現在、二人は機械出荷プロジェクトに携わっています。 リチャードは、どのようにすればクジムから米国へ機械をさらに速く輸送することができるかに取り組んでおり、ダニエルは、UNITED GRINDING グループの機械部品を中国からヨーロッパへ鉄道で輸送する可能性を調査しています。

3世代続く

ランゲ家は真のMIKROSAファミリーです。 祖父であるホルストは1959年に前身であるMihoma社、1981年に父であるイェルク、そして2005年に息子であるエンリコでSchaudt Mikrosa GmbHで仕事を始めました。 イェルク・ランゲはすでに実習生として同社の機械エンジニアとしての教育を受けました。 今日、設計士として、彼はすべてのKRONOS機械を取り扱い、中国からメキシコまで、世界中のお客様への対応を行っています。 「柔軟かつクリエイティブに働ける私の仕事はとてもエキサイティングです」と彼は言います。 彼の息子エンリコは、機械オペレーターとして就職した後、現在は仕事の傍らで機械製造技術者としての勉強を続けています。 日常業務の中で父と息子が直接一緒に仕事をすることはありません。 プロセスエンジニアであるエンリコは現在、燃焼エンジン用バランスシャフトを研削する機械における仕事に携わっています。 「新しい技術を使って作業し、新しい技術を開発するのは非常に楽しいです」と彼は言います。 イェルク・ランゲは、仕事への建設的な思考が彼の個人的な強みになると信じていますが、エンリコはトラブルシューティングの際の根気強さを強調しています。 「常に何らかの解決策がある」と彼は言います。 「だから、それを見つけるだけでいい。」

同じ部門で

Blohm Jung GmbHのバイヤーであるメラニー・ハンセンは、「私たちはプロフェッショナルな関係を築いています。一緒に仕事ができてとてもうれしい。」と述べています。 彼女の父ホルガー・ハンセンは1980年に入社し、現在は部署の統括を行っています。 父と娘は密接につながっています。 そして、2014年に購買部門で求人が出されたとき、購買および物流のスペシャリストであったメラニーもBlohm Jung GmbHに就職しました。 現在、購買部で彼女は主にサプライヤー1社とハンブルクおよびゲッピンゲンのカスタマーケア拠点を担当しています。 機械工として、そして商業の専門教育を受けたホルガー・ハンセンは企業の購入部門を統括しています。 「様々な業務に加えて、他のほぼすべての部門との良好な協力関係とネットワーキングがとても気に入っています」とホルガー・ハンセンは話しています。 「同僚たちとも仲良く、心地よい環境で仕事ができることを幸せに思っています。」と話すメラニーは、ゼネラルマネジメントのMBAをもうすぐ取得しようとしています。 2人ともスポーツで仕事とのバランスを保っています。 メラニー・ハンセンはフィットネストレーナーとしてハンブルグの屋外ブートキャンプを率いています。その一方でホルガー・ハンセンは自由時間に全国リーグの男子サッカーチームのコーチを務めています。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language