ハイライト

製品ファインダー
直接選択
または特徴による検索
  • 5/6 軸研削センタ新
  • ハードターニング、フライス加工、穴あけ加工、研削加工
  • ラジアス内面円筒研削盤
  • レーザー加工機新規
  • ロータリーテーブル研削新
  • 工具侵食機新しい
  • 工具研削盤新しい
  • 平面研削機およびプロファイル新研削機
  • 新しい特殊研削盤
  • 新垂直研削盤センター
  • 汎用型円筒研削盤
  • 生産型内面円筒研削盤
  • 生産型外面円筒研削盤
  • 複合内面円筒研削盤
  • 複合外面円筒研削盤
  • 計測機器新規
該当する製品を表示 該当する製品を表示すべての機械

現在のメッセージ

Motion Magazine

読者各位。

新しいクロスブランドC.O.R.E.テクノロジーを搭載した弊社の工作機械は、既に日々の仕事をより速く、より使いやすく、よりコスト効率の高いものにしています。 そして何より、私たちのエンジニアリング部門とソフトウェア部門は、顧客が明日の産業に備えるために、スマートでネットワーク化されたシステムを作り上げました。 本号の「Motion」のカバーストーリーでは、この点を中心にご紹介します。 このような大きな成果の背景には、必ずチームワークと人の存在があります。そこで、弊社のソフトウェア専門家の数人も紹介します。


昨年、弊社はミラノのEMOで開催された見本市で厳しい衛生管理の下で直接機械に触れながら華やかなショーでC.O.R.E.を紹介することができました。 また、新型コロナウイルスの流行により、見本市はますますバーチャルになる中、デジタルツールが対面イベントに取って代わることはできないものの、それを強化することができる理由を14ページで紹介しています。

幸いなことに、スイスの機械工学産業は、他国よりも早くパンデミックから回復しました。 どのような要素が決め手となるかは、こちらの「International」で確認することができます。

弊社は気候保護と持続可能性という新たなテーマを設定し、
弊社のグループ各社が既に具体的にどのような貢献をしているのかを 紹介します。 基本的な第一歩は、常に機械の効率を上げることであり、 それによってさまざまなレベルで資源を節約することができます。 しか し、気候変動に関する目標とその取り組み方は、私たちの業界全体 にも影響を及ぼします。 これが何なのか、18ページの「Motion」の インタビューで2人の専門家に伺いました。

 

Stephan Nell
CEO, UNITED GRINDING Group

Download ...
ここで弊社の拠点とブランドをお探しください
ja