Digital Solutions

シンポジウムの全ての機械展示品は、UNITED GRACO Digital Solutions™ のデジタルオペレーションセンターでライブでオンライン接続されています。 現在の機械の状態は生産モニターで、予定された整備作業はサービスモニターで確認できます。 ボタンを押すと、サービスリクエストによってカスタマーサービスチームへの直接かつ安全なデータトンネルが構築されます。 サービス案件においては、リモートサービスと新たな会議センターを使用して直接かつデジタルなサポートが可能になります。 さらに、UNITED GRINDING Digital Solutions ™製品への他社機械の接続が初めてFutureLABで体験できます。 「コンディションモニタリング」と「予測保守」の分野では、機器の状態の迅速な比較を可能にする主軸のデジタル指紋の試作品が提示されます。

新技術

高性能素材の技術的改良は、研削・加工プロセスに常に新しい課題を提起します。 このため、EDM (Electrical Discharge Machining=放電加工) や非接触測定技術など補足的な新技術が、当グループのコアコンピタンシーとなっています。 最新のレーザー技術は、超硬質材料の加工に使用されています。 現在の研究は、「冷間」微細加工のための新しいフェムト秒レーザーを研究対象としています。 特殊レーザー加工光学システムによって、当グループは現在すでに、1 μm以下のフォーカス直径を生成する能力を有しています。 これにより、将来あらゆる材料からマイクロコンポーネントを製造することも可能になります。

革新的な操作コンセプト

ジェスチャー、言語、または視線による機械の制御ーこれが UNITED GRINDING グループのビジョンです。 「当社は、将来ハイエンドモデルの操作も簡素化し、グループ全体で統一することが先駆的方法であると考えています」とプリュス氏は強調します。 HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)は、オペレータのスキル、ニーズ、主要タスクに適合するべきです。 シフトオペレータには、部品製造に必要な機能のみが提供され、経験豊富なサービス技術者にはプロセスと診断機能が提供されます。

付加製造

産業用3Dプリンティングは、当グループでも研究課題となっている未来のテーマです。 IRPD AGとともに当グループは、内外のお客様向けにプラスチックおよび金属による3D印プリンティングサービスを提供しています。 「将来、SLM技術(選択的レーザ溶解)が、複雑な金属部品を形成するための重要な成形工法として注目される可能性があります」とプリュス氏は述べます。 高硬度精密加工および生産プロセスと機械のデジタルネットワーク化のノウハウを組み合わせることで、当グループは金属粉末から完成部品に至るまでのバリューチェーンを開発しています。これは「Powder to Part® / P2P®」と呼ばれています。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language